MEMBER

エンジニア兼バックオフィス

飯田 康介
自立駆動組織「ホラクラシー組織」で目指すもの

メーカー系SIerを経て、BtoCサービスに転職。その後、独立を試みるが開始直前で頓挫。 All About、セプテーニ・ベンチャーズ、クラウドワークス、SmartHR、価格調査会社でのCTOを経て、2018年1月に前身である株式会社IROYAに入社。

エンジニア兼バックオフィス

飯田 康介

メーカー系SIerを経て、BtoCサービスに転職。その後、独立を試みるが開始直前で頓挫。 All About、セプテーニ・ベンチャーズ、クラウドワークス、SmartHR、価格調査会社でのCTOを経て、2018年1月に前身である株式IROYAに入社。

なぜMonoposに入社を決めたんですか?

私は、これまで様々な会社組織を見てきました。
エンジニアドリブンな組織、副業やリモートワークなど柔軟性が高い組織、そして「ミッション」「ビジョン」「バリュー」に基づいた情報発信、評価制度や情報のオープンさなど、これまで経験した企業から学ぶことが多くあり、ちょうど組織を作り始めているIROYAで、この経験を活かして組織づくりに携わりたいと思い転職しました。

人事領域に関心があったとのことですが、エンジニアも兼任なんですよね?

はい、エンジニアではあり続けますよ!(笑)ただ、性格的にも下から支える方が性分にあっているので、エンジニアとしても後方支援をしていきたいんです。前線は勢いある若手に任せ、後ろをシニアエンジニアたちで守ります。 そして、サービスを作っていくには組織作りが必須です。なので、今は、若いエンジニアたちを伸ばすための環境づくりに力を入れています。

Monoposのメンバーはどんな人たちですか?

補完関係が構築できていると思います。若手ベンチャーだと勢いが重視されますが、経験値が高いエンジニアも多いので、絶妙な妥協点を決めるのがうまいですね。もちろんベンチャーとしてのスピードは気にしていますが、品質、コスト、デリバリー、スコープの絶妙な妥協点を決められるのが他社にない強みでもあると思っています。

今後目指している社内体制はどのような形ですか?

ホラクラシー組織を目指しています。言い換えると、自立駆動型の組織です。役割に応じて権限が委譲され、自分たちで考えて動く。役割が振られていればエンジニアでも営業をする。 社員それぞれが、ビジョン・ミッション・バリューに向かって動いていくスピードが、変化が激しい時代に生き残るためには必要ですよね。今は、大野もマネージメントをやめ、各社員に権限を委譲しています。

それぞれが動いていくためには、社内の環境整備も必要ですよね。

そうですね。まず、自分たちで動くためには情報がオープンにされている必要があります。情報の格差が上下関係を生むので、極力情報はオープンにしています。 その情報を見て各自判断できれば、人が増えた分だけ判断できる数が増え、事業は加速し、人によるボトルネックは生まれにくくなると思っています。

評価制度としてはどうなっていくのでしょうか?

最終的には評価制度自体をなくしたいと思っています。様々な会社を経験したからこそ思ったのですが、社員全員が公正に納得のいく評価されることはほぼ不可能だと思いますし、評価する側は多大なコストがかる。 営業なら数字にできますが、エンジニアは数字で評価しにくい。評価制度自体あがあまり意味を成していません。そして、それに伴う昇給も微々たるものでしかないのなら、評価制度をなくし転職時の面談同様に自己申告制でいいと思っています。 最終的にはベーシックインカムで全員の給与を一律同額にしてしまい、利益を賞与として分配できる仕組みができればいいなと思っています。

今後挑戦していきたいことは?

「エンジニアなのに***」というのが付加価値になるので、うまく掛け合わせていきたいと思っています。IROYAに入社し、その後、体制がMonoposに変わリ、そのタイミングでオフィスの移転手配などエンジニアではできない経験もしました。人事も全くわからないゼロスタートで大変でしたが面白い。 今後は、Monoposも副業やリモートワークを解禁していく予定なので、自分自身も副業で様々な企業の人事や組織作り、もちろんエンジニアとしても関わっていきたいと思っています。

座右の銘

「Simple is Best」です。
人間は複雑に考えるのが得意な生き物です。システム開発でもそうです。複雑にしてしまいがちですが、話してみると最終的にはシンプルな方がコードも綺麗です。
意識して、シンプルに考えるようにしないと複雑になりがちなので、組織も評価をなくしたシンプルな体制にしていきたいですね。

エントリー

メンバー